サスティナビリティ SUSTAINABILITY

環境への取り組み

持続可能な発展の実現に貢献いたします。

国際社会において、限りある資源・エネルギーをいかに有効に活用するか、環境保全と経済成長の両立を目指す「グリーン経済」への移行が喫緊の課題となっています。
住友商事グループは、グローバル企業として、資源制約や環境問題について、地球規模の広がりを持つとともに次世代にも及ぶ長期的な問題であると認識し、健全な事業活動を通じて、環境・社会・経済の全ての側面において「持続可能な発展」の実現に貢献していきます。

JQA JAB

環境管理体制

環境管理体制

環境マネジメントシステム

化学品を取扱う専門商社として、当社の事業活動が環境に与える影響の重大性を認識し、2001年に住友商事グループのマルチサイト方式により、ISO14001を取得しました。 当社では環境マネジメントシステムを導入し、全社員が環境負荷の低減に取り組んでいます。

環境方針

住友グループは、400年の歴史を通じて、産業の発展と地域社会や自然環境との共存に力を注いできました。住友商事グループもまた、事業活動を通じた環境保全に取り組んでいます。気候変動を緩和する低炭素社会の構築、生物多様性と地球環境の保全、エネルギー、水ならびに資源のサステナブルな活用、汚染の防止や廃棄物排出抑制といったさまざまなテーマを、誰もが取り組むべき最重要かつ長期的な課題と捉え、以下の環境方針を定め、実行します。

基本理念
住友商事グループは、グローバル企業として、環境問題が地球的規模の広がりを持つとともに、次世代以降にも及ぶ長期的な問題であることを認識し、健全な事業活動を通じて、社会・経済の発展と地球環境の保全が両立した「持続可能な発展」の実現に向け努力する。
基本方針
住友商事グループは、国内外におけるさまざまな事業活動を行うにあたり、以下の方針に従い、グループ会社が協力して、この環境の基本理念の実現に努める。
  1. 環境に対する基本姿勢
    良き企業市民として、当社の行動指針に沿い、地球環境の保全に十分配慮する。
  2. 環境関連法規の遵守
    国内外の環境関連法規及び同意した協定等を遵守する。
  3. 自然環境への配慮
    自然生態系等の環境保全ならびに生物多様性の維持・保全に十分配慮する。
  4. 気候変動への対応
    気候変動の緩和及び気候変動の影響への適応に十分配慮する。
  5. 資源・エネルギーの有効活用
    資源・エネルギーの有限性を認識し、その有効利用に努める。
  6. 循環型社会構築への寄与
    廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルに取り組み、循環型社会の構築に向け努力する。
  7. 環境保全型事業の推進
    総合力を生かし、環境保全型事業を推進し、社会の環境負荷の低減に貢献する。
  8. 環境管理の確立
    環境マネジメントシステムを活用して、環境目的・目標を設定、定期的な見直しを行い、その継続的改善を図りつつ、環境汚染の予防に努める。
  9. 環境方針の周知と開示
    この環境方針は、住友商事グループで働くすべての人に周知するとともに広く開示する。

会社情報
戻る

事業紹介
戻る

ビジネスレポート
戻る

サスティナビリティ
戻る

採用情報
戻る